それと、「環境」

ちなみに発達障害の人に大切なのは環境だって言われていて、環境が整えられれば普通に生活できる人も多いって言うね。

私の印象としては、言い方が悪いけど、KYで他人の気持ちがわからない人が多い(←学習して克服している人もいるけど)から、周りの人達次第じゃないかと思う。
受け入れてくれる友達に囲まれていたらそれなりに生活できると思うよ。

最近『結婚できない男』の再放送を観てるんだけど、あの主人公は絶対そうだよねw
あとマンガの『天才柳沢教授の生活』の柳沢教授とか、さかなくんとかw
調べたら有名人かなり出てくるから、イメージしやすいと思うよ。
まぁ彼らは成功例だけどね一応・・・気がついた訂正を。
私の文章能力が低いために、読み違えたと思います。

被告は、小学5年生からひきこもり。
被害者は、中学ではテニス部に入り活発だったが、
転校した学校での非行グループに入る。

まさに、自分が何をしたのかを本人に自覚させるために、法は何をすべきか・・・かと。
被告はいつ気付いてくれるのか、それを誰が援助できるのか・・・

それと、「環境」
これって、その家庭の経済的な状態ともリンクするかと思います。
一番、イヤなとこですが。