程度の差はあれ

オリンピックって平和の祭典の最中を狙ってわざわざ領土問題を起こし、かつ、戦後は世界平和の貢献に尽力くださる日本の象徴の陛下を呼びつけるなんて、そら、あかんやろ。

311から原発事故から気になるニュースの日記件数チェックしてきたけど、今回のニュースの日記件数がダントツ。これまでは原発事故対応不手際の2000件が確認した中で一番多かったけど、このニュースについては4000件。程度の差はあれ、それだけ国民の韓国に対する反感は高まってると考えても差し障りはないと思う。

個人的に韓国に仮想敵国と見なされるなら、それはそれでこちらも経済制限してもよいと思う。話し合いが重要なのは言わずもがな、こちらが下手に出るのに胡座をかく馬鹿にギャフンと言わせたいってのは国民感情だ。

MOFAの皆さん、何卒よろしくお願いします。
今旦那さんといろいろ話してたんだけど、難しいねーこれ。安易に『本人の責任だー』『判決が酷すぎるー』といえない要素がたくさんある。

難しいと思われるキーワード
・裁判員裁判
・発達障害(アスペルガー)
・上記にかかわる本人の状態
(引きこもり期間)
・姉の殺害状況
・母親の状態←被告の保護
・『社会の受け皿』

結局、裁判員裁判で裁判員たちはアスペルガーについて学ぶはず。被告や姉の年齢などからも、殺害時の状況からも被告を保護すべき母親も施設に入らなければいけない程度に老いている。アスペルガーの特徴である『こだわり』があり、彼らにはそれが行動基準になるだろうから、姉についてもその行動基準から外れたから、それを排除しただけなのに、何が悪いのか…くらいのことは多分主張するはず。反省は見られないだろう。←この点が判決の分かれ道に思えるが、アスペルガーについて学べばその特質も理解してるはずだし、そこを裁判員=市民感覚はどう判断するか…っていうのが今回の判決のテーマだったんじゃないかなと。