ハンパな男じゃ太刀打ちできない

前にも日記に書いたかもだけど、実年齢より若く見えるように年をとれるのは、90%以上は遺伝子の力だよなあ、とおもう今日この頃。

酒もタバコも並みの男以上、仕事量もハンパな男じゃ太刀打ちできないっつー化け物女(誉め言葉どすえ)を一人知ってるが、奴は未だに、高校時代と変わらん透き通るような白い肌につやんつやんの黒髪で、相変わらず週3回は深夜まで飲み、タクシー帰宅。
「若いころから比べたらお酒に弱くなったわ~」
などとほざきつつ、一晩でウィスキーボトル1本空けても顔色一つ変えねー。 奴よりは節制して若干は健康的に暮らしてる私よりは5才程度は奴のほうが若く見えてるんだから、
「あー、はいはい、遺伝子遺伝子」
と笑うしかないと思うんだ。
まあ、自分はここまで強靭な遺伝子には恵まれてないと思うので、不公平だなー、と思いつつ、節制を心がけます まる。
高校生の時美容室で、お仕事帰りですかー?と聞かれた私が通りますよー

若い頃から老けて見られてるってことだよね…
今後どうやって生きて行けば…