前提となる知識

放射線が検出されるというのはわかるけど、セシウムはどうやって特定して検出するのですか。

ヨウ素やストロンチウムなど放射性の葬式 神奈川発生源は他にもあります。
放射線の発生源としてセシウムを特定する方法を、どなたか教えてください。
要するに、放射線量を測定して、セシウムの化学分析をして、その療法の結果をわかっている数式に当てはめてもとめるというはんだんでいいですよね・・・?

前提となる知識と心構えがないと、こういうマニュアルはわかりづらいと言う事を思い出しました。
この方、原発反対派からは、「政府御用達の悪徳医者」と呼ばれているようですが、ともかく、
セシウム自体はヨウ素のように特定部位に集積して問題になったり、プルトニウムのように毒性があったりはしないようで、長い半減期で放出し続ける放射能だけが問題になるのではないかと。

「海水を栽培に用いることで、海水に含まれているマグネシウムやカルシウムが作用し、通常よりはるかに甘いパイナップルが誕生。」? これはウソです。(というか間違ってます。)

甘みにこだわる果物農家にとっては常識ですが、果物を甘くするためには水やりを少なくすることが効果的です。
植物体内の体液が濃縮され濃くなって、同時に糖度も上がるわけです。
ハウスの中で、枯れない程度の僅かな水やりで育てると、たとえばトマトなども果物として通用するくらい、甘いものができます。(その分小さくはなりますが)