強烈

女性議員が野党第一党の代表となることは低迷し続ける民主党にとって、強烈なカンフル剤となりえたかもしれない。 その点では残念であると考えている人もいるかもしれない。

しかし、自分が見えていない政治家を応援する政治家などいるはずもない。自分を応援する仲間さえ作れないようでは組織運営はできない。
組織運営をできないのでは党首になる価値はないのである。
つまるところ、専門書処分蓮舫参院議員が冷静に自分を見ることができないのは服の襟をいつも立てているために視界を遮っているという根本的問題から目を逸らしているからである。
また加藤登紀子氏と同じ理髪店で頭を刈り上げていることが推薦人が集まらないそもそもの原因であることを失念しているのだ。 くわえて、党首選よりもはるかに記憶に残る銀魂のアニメに出演した結果、全民主党議員が蓮舫参院議員に嫉妬し、仮に党代表になっても協力をしない密約を結んでいることは周知の事実である。
結局、蓮舫参院議員はローソンに行って、唐揚げ君を岡田代表代行、細野衆院議員、長妻元厚労相に投げつけて、おとなしくあきらめるよりないのである。