発病

クモ膜下出血は80%以上が脳動脈りゅうと言われる血管が変形してできた不要なこぶが破れることが理由となって発病する深刻な病気として認識されるようになりました。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことに加えて煙草を飲む事・アルコールの習慣・肥満症などの生活習慣が変化したこと、ストレスに縁って、今日本人に多く発病している病気の一種です。
PCモニターの青い光を軽減させる効果のあるレンズの付いたPC専用メガネが現在人気を集めている理由は、疲れ目の対策法に多くの人が苦心しているからだと推測することができます。
前触れもなく発症する急性腸炎は、大方は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しの症状がみられる程度ですが、バイ菌の感染による腸炎の場合はものすごい腹痛・何度も繰り返す嘔吐・止まらない下痢と一緒に38度台の高い発熱が相違点だといえます。
30才から39才の間に更年期がやってくるとすれば、医学的な言葉で表すとPOFという疾患に当てはまります(我が国の場合は40才以下の女の人が閉経する症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい)」と呼ぶのです)。
肝臓を元気な状態に維持するためには、肝臓の毒素を分解する力が低くならないようにする、要するに肝臓を老けさせない対処法を開始することが有効です。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの仲間のスルフォラファンというブロッコリーに含まれている揮発性の物質について、肝臓の持っている解毒酵素の円滑な創造活動を支えているかもしれないという因果関係が判明してきたのです。
「肝機能の減衰」は、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3種類の数値で分かりますが、近頃肝機能が衰えている人が増加傾向にあるということが危険視されています。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短く、大気中に存在するオゾン層でその一部が吸収されるものの、地上まで届いたUV-Bは肌の表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を壊したりして、肌に悪影響をもたらしています。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を下げたり変異を誘引するような人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の内部で無毒化し、肝臓の機能性を良くする特性が確認されています。
細菌やウィルスなど病気を連れてくる病原体が呼吸とともに肺に進入し伝染し、肺全体が炎症反応を見せている容態を「肺炎」と称しているのです。
脚気(かっけ)の症状は、四肢がしびれたり下肢の浮腫などがよく起こり、症状が進行してしまうと、最悪の事態では呼吸困難に陥る心不全も起こすことがあるのです。
「体脂肪率(percent of body fat )」とは、身体の中の脂肪が占有しているパーセンテージであって、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪量(キログラム)÷体重×100」という数式によって値を確認できます。
腰などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨の間に存在して緩衝材に近い役目を担っている椎間板(ついかんばん)という円形の線維軟骨がはみ出してしまった症例を表します。
亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質を合成させるために欠かせない特殊な酵素や、細胞・組織の生まれ変わりに関係している酵素など、200種類以上もの酵素を構成する要素として絶対に欠かせないミネラル分なのです。