マイクロホン

HMSの研究によると、普通のコーヒーと比較して1日2杯以上はカフェイン抜きのコーヒーに変えることで、直腸癌の危険性を0.52減少させることができたそうだ。
H17年以後特保(トクホ)のパッケージに「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった文言を表記すること食品メーカーに義務付けられた。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人だけに感じられるような「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように本人に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンを利用したりすると感じることができるタイプの「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
脳内にあるセロトニン神経は、自律神経のバランスを調節したり痛みを鎮圧し、あらゆる覚醒現象などを操っていて、気分障害(うつ病)の方はその動きが弱くなっていることが科学的に証明されている。
上が140以上の高血圧になると、血管に強いダメージがかかった結果、身体中の色々な場所の血管に障害が生じて、合併症を招く確率が高まると言われています。
物を食べるという行動は、次に食べたいと思った物をなんとなく口へ入れて幾度か咀嚼して飲み込むだけに思われがちだが、そのあと身体は本当に健気に機能し続けて食物を身体に取り込む努力をし続けているのだ。
もし婦人科の検査で事実上卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値よりも少なく早発閉経(early menopause)と判明した場合、足りていない女性ホルモンを足してあげる治療等で改善が望めます。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食生活の欧米化に加えて受動喫煙・アルコールを毎晩飲む事・肥満といった生活習慣が変化したこと、ストレス等によって、殊更日本人に多い疾患の一つです。
人の耳の構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3か所に大別できますが、この中耳にばい菌やウィルスが付き、発赤等の炎症が起きたり、体液が滞留する病気が中耳炎なのです。
下腹部の激痛がみられる病には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿管などに石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、腹部外傷や消化器疾患が原因で起こる急性腹膜炎、女性特有の病気など、様々な病名が挙がるようです。
鍼灸のはりを刺してもらう、という物的な程よい幾多の刺激は、神経細胞を活発にして、神経インパルスと言われる謂わば電気信号伝達を発起させると言われているのです。
体脂肪の量にはさして変化がなく、体重が飲み食いや排尿等により一時的に増減する時、体重が増加すれば体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減ったら体脂肪率が上昇します。
「肝機能の減衰」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP等3種類の値で判断できますが、特にここ2、3年肝機能が悪化している人々が明らかに増加しているということが注目されています。
バイ菌やウィルスなどの病気をもたらす病原微生物、すなわち病原体が呼吸とともに肺に進入し発症し、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を見せていることを「肺炎」と断定しています。
インキンタムシというのは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と言われている、かびの一種である白癬菌が股部や陰嚢、お尻などの部位に何らかの理由で感染し、定着する病気の事であり即ち水虫です。