デスクワーク

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目が覚めている状態で命を保っていく(心臓の鼓動、呼吸、腎機能、体温や筋緊張のキープ等)ために要る最も小さいエネルギー消費量のことをこう呼んでいます。
クシャミに鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・異物が入っているような感じなどの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギー源である花粉の飛散している量に追従したかのように悪化の一途を辿るという特徴があると言われています。
緊張性頭痛とはデスクワークなどでの肩凝り、首凝り、張りに誘引される肩こり頭痛で、「頭を締め付けられるような強烈な痛さ」「重いような鈍い痛み」と言われることが多いようです。
汗疱状湿疹(汗疱)とは手の平や足裏、または指と指の隙間などにプツプツとした細かな水疱が出る病気で、通俗的にはあせもと言い、足裏に現れると水虫と思い込まれるケースもままあります。
ポリフェノール最大の特性は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは違って、細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、細胞膜でも酸化しにくくする作用を持っているのです。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の被害者の追跡調査の結果をみると、体の大きな大人よりも体の小さな未成年のほうが放出された放射能の有害なダメージをよく受容することを痛感します。
子供の耳管の特徴は、大人の耳管に比べると太い上に長さがなく、又ほぼ水平になっているため、バイキンが入りやすくなっているのです。幼い子供が急性中耳炎にかかりやすいのは、この作りが関わっています。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする働きのあるナイアシンは、苦しい二日酔いによく効きます。ゆううつな二日酔いの誘因物質である酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の無毒化に携わっています。
肝臓をいつまでも元気にキープし続けるためには、肝臓の解毒する力が落ちないようにすること、言いかえれば、肝臓のアンチエイジング対策を開始することが有効です。
患者が増えつつある逆流性食道炎は、1週間もちゃんと服薬すれば、大体、ほとんどの患者さんの自覚症状は去りますが、そうは言っても食道粘膜の腫れや炎症が癒えたとは断定できないのです。
下腹の疼痛をよく起こす主な病気には、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、炎症性腸疾患のひとつである潰瘍性大腸炎、無菌の腹腔内に炎症が起こる急性腹膜炎、女性特有の病気など、色々な病名が挙げられるようです。
脳卒中のくも膜下出血はその80%以上が「脳動脈りゅう」という血管が変形してできた瘤(こぶ)が破れることが理由となって引き起こされてしまう深刻な病気だと多くの人が知っています。
ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失効してしまった後に市場に出回って、新薬とまったく同じ成分で自己負担分を下げられる(価格が安い)後発医薬品そのものです。
亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質の合成に関係している色々な酵素や、細胞や組織の代謝機能に深く関係する酵素など、約200種類以上存在する酵素を構成する成分として絶対に欠かせないミネラルの一種だといわれています。
目と目を合わせることなどで、当事者が猫をすごく愛おしいと感じることによって「愛情のホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌されて、ストレスを和らげたりヒーリングなどに繋がっているといわれています。